【相続放棄検討中の方へ】正しい司法書士の選び方と依頼するメリット

相続放棄 司法書士

借金を相続したくない場合や親族間の相続トラブルから逃れたい場合に利用する相続放棄。
あなたはこの相続放棄について司法書士に相談したり依頼することを検討していると思います。

しかし、司法書士に頼んだ場合と自分で手続を行った場合の違いをご存知でしょうか。
あるいは、司法書士に頼んだ場合のメリットデメリットをご存知でしょうか。
この記事では、司法書士である私がそれらをわかりやすく伝えますので、皆様の判断材料にしていただきたいと思っております。

そして、司法書士に相談・依頼すると決めた場合には、相続を専門に扱っている事務所を選択することが大切です。
なぜなら、相続を専門に扱っていない司法書士の場合、相続放棄できるような事情であっても相続放棄ができないと判断してしまうこともあるからです。
例えば、相続放棄の期間は法律上3ヶ月と定められていますが、相続に精通していない事務所であれば、3ヶ月を超過しても相続放棄が認められるケースがあることを知らない場合もあるのです。

今回は、正しく専門家を選ぶ方法も記載しています。
この記事を読んで専門家に相続放棄を依頼するか判断しましょう。
そして、適切な専門家を選んで確実に相続放棄を成功させましょう。

1章 司法書士に相続放棄を依頼した場合のメリット・デメリット

司法書士に相続放棄を依頼した場合のメリット・デメリットの一覧は下図のとおりです。※クリックすると拡大します。

相続放棄 司法書士

では、メリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

1-1 司法書士に依頼するメリット

1-1-1 裁判所からの照会書・回答書に対する回答方法をアドバイスしてもらえる

相続放棄を申立ててしばらくすると、裁判所から下記のような書面が到達することがあります(裁判所ごとに多少の書式の違いはあります。)
※クリックすると拡大します。

相続放棄 司法書士

相続放棄 司法書士

相続放棄 司法書士

この書面は、相続放棄が認められない事情があるかどうかを調査するために送付されるものです。
(相続放棄が認められない事情とは?詳しく知りたい方はこちら)

つまり、回答書に下手な記載をすると、認められたはずの相続放棄が認められなくなってしまうことがあります。

司法書士に依頼すると、回答書に対する記載方法をアドバイスしてもらえます。
相続放棄は一度失敗すると、原則的に再度の手続きは行えませんので、心配な方は司法書士に依頼するようにしましょう。

1-1-2 相続放棄の期限(3ヶ月)が過ぎた場合にも対応してもらえる

相続放棄は、原則的に自分自身が相続人であるということを知ったときから3ヶ月以内に行わなければなりません。
しかし、親が亡くなってから数年後に借金の存在が判明したなどの特殊な事情で、期限が過ぎた後に相続放棄の手続を行いたいということもあるでしょう。

このような通常では認められない状況で相続放棄を行う場合には、「上申書」という書面を裁判所に提出します。
※クリックすると拡大します。

相続放棄 司法書士
(※これは簡単なケースの上申書です。事案により内容は大幅に変わります。)

この「上申書」という書面は、非常に重要なもので、単に作って提出すれば相続放棄が認められるというわけではありません。

なぜなら、本来期限切れでできないはずの相続放棄を裁判官に認めてもらうため、理論的・説得的に文章を作成しなければならないからです。
相続放棄の知識がない方が、間違いのない「上申書」を作成するのは、不可能に近いでしょう。

司法書士に依頼すれば、しっかりとした「上申書」も作成・提出してもらうことが可能です。
自分自身の相続放棄が期限を過ぎている場合は、司法書士への依頼を検討しましょう。

1-1-3 相続放棄を含めたあらゆる解決方法を検討してもらえる

借金を相続することから逃れる方法は、相続放棄だけではありません。

自己破産などの債務整理手続や限定承認という手続など、あらゆる解決手段が存在します。

司法書士に相談・依頼して、相続放棄を含めたあらゆる解決方法を検討してもらうのは、非常に有用でしょう。

1-1-4 面倒な戸籍の収集や裁判所提出書類の作成を代行してもらえる

相続放棄を申立てるためには、定められた書類をきっちりと集め、かつ、定められた書式にしたがって正確に書類を作成しなければなりません。

なぜなら、相続放棄は裁判所を通して行う手続であるからです。

具体的に相続放棄で必要な書類は下記の一覧表の通りです。※クリックすると拡大します。

相続放棄 必要書類
(※必要書類に関して詳しく知りたい方はこちら)

上記の必要書類の中でも、古い戸籍は煩雑で読解が困難です。※クリックすると拡大します。

相続放棄 司法書士

また、相続放棄を裁判所に申立てるためには、下図のような相続放棄申述書に記入する必要があります。

相続放棄 司法書士

相続放棄 司法書士

司法書士に依頼すると、戸籍を含めた必要書類を全て集めてもらえるのと同時に、相続放棄申述書にも記入してもらえます。

手続きが面倒な方であったり、相続放棄を失敗するリスクを背負いたくない方にとって、司法書士に依頼をすることで大きなメリットがあるのではないかと思います。

1-2 司法書士に依頼するデメリット

今まで、司法書士に依頼するメリットを複数見てきましたが、その一方でデメリットが1つだけあります。
それは、司法書士に依頼すると、報酬を払わないといけないという点です。

司法書士に相続放棄を依頼した場合の報酬は、事案にもよりますが、およそ35000円~80000円が相場でしょう。

相続放棄を自分自身で申立てる手間や自分自身の知識と、司法書士に依頼するのにかかる報酬とを比較して、司法書士に依頼するか判断するようにしましょう。

なお、当メディアを運営するグリーン司法書士法人は、相続に関する無料相談を多数行っております。
相談では、費用の見積もりも合わせてお伝えしますので、相続放棄をご検討の方はぜひ一度ご連絡ください。

無料相談はこちら
(相続放棄については、電話相談も行っております。)

2章 弁護士にも相続放棄を依頼することができる

相続放棄は、司法書士だけでなく、弁護士にも依頼することが可能です。

以下で弁護士と司法書士の違いを説明します。

2-1 弁護士は相続放棄手続の代理人となることができる

弁護士は本人に代わって全ての手続を行うのに対し、司法書士は本人に代わって書類の作成・提出の手続を行うこととなります。

具体的には、相続放棄の手続の場合、下記の表の通りとなります。※クリックすると拡大します。
相続放棄 司法書士

2-2 基本的には弁護士のほうが報酬が高額

相続放棄の報酬相場は、司法書士が1人あたり35000円~80000円であるのに対し、弁護士は1人あたり10万円前後と言われています。

もちろん、事案や事務所ごとに異なりますが、弁護士のほうが代行できることが多い関係上、費用が高額になりがちです。

3章 相続放棄を失敗しないように正しく専門家に依頼しよう

今まで見てきたとおり、相続放棄はどの専門家に依頼するかによって、結果や費用が大きく変わってきます。

相続放棄を失敗しない専門家の選び方を見ていきましょう。

3-1 司法書士と弁護士のどちらに依頼するべきか

相続放棄の手続き自体は、司法書士と弁護士のどちらに依頼しても、書類に署名押印するという点以外は大きな差がありません。

むしろ、相続放棄をした後の債権者対応の部分で司法書士と弁護士の差が大きく現れます。

司法書士に依頼したほうが良い場合

①借金がないけれども相続放棄をする場合

債権者対応をする必要がないので、司法書士に依頼して費用を抑えましょう。

②債権者が銀行・信用金庫・クレジット会社・消費者金融・債権回収会社・信販会社・保証会社である場合

経験則上、相続放棄をしたことを報告するだけで取立てが止まります。
相続放棄したことを報告するだけであれば司法書士も代行できますので、司法書士に依頼しましょう。

弁護士に依頼したほうが良い場合

①署名押印する間もないほど忙しい場合

弁護士であれば、司法書士と違って、書類の署名押印も代行してもらえます。
多忙である方は、弁護士に任せたほうが安全です。

②債権者が個人・ヤミ金であるなど、強固な取立てが予想される場合

相続放棄をしたことを報告しただけで取立てが止まるとは限りません。
弁護士に依頼して、しっかりと債権者に対して交渉してもらうべきです。

③訴訟を起こされている場合

②と同様に、弁護士に腰を据えて戦ってもらうべき案件でしょう。

3-2 相続を専門に扱っている司法書士・弁護士に依頼しよう

相続放棄は、相続を専門に扱っている司法書士・弁護士に依頼することが大切です。

なぜなら、相続放棄を得意にしていない専門家に依頼すると、判断を誤って、成功したはずの相続放棄が認められなくなるリスクがあるからです。

例えば、相続放棄の期限である3ヶ月が過ぎた場合にも相続放棄が認められる可能性は十分にありますが、相続に精通していない専門家だと、3ヶ月を過ぎた時点で絶対に相続放棄はできないと判断してしまうこともあるでしょう。

相続放棄の相談・依頼を検討している場合は、「相続放棄 司法書士」「相続放棄 弁護士」などと検索し、ホームページで実績を確認するようにしましょう。

なお、当メディアを運営するグリーン司法書士法人は、相続相談の問合せを年間で1000件以上いただいています(平成30年度)。

経験豊富な司法書士が多数在籍していますので、相続放棄をご検討の方はぜひ一度ご連絡ください。

無料相談はこちら

(相続放棄については、電話相談も行っております。)

4章 まとめ

相続放棄を司法書士に相談・依頼しようと考えている人が、この記事を読んでよい専門家にめぐり合えたなら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

相続に関して以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない…
  • 家や土地、預貯金などの名義変更が必要だけど書類集め・手続きなど大変…
  • 遺言書を作成しようと思っているが、専門家の意見を聞いておきたい…
  • 認知症対策や生前対策したいけど、成年後見、家族信託、生前贈与どれがいいんだろう…
  • 故人に借金が見つかったので、相続放棄の手続きを専門家に任せたい…

相続に関する問題は法律に沿って丁寧かつスピーディーに対処しないと

  • 余計な時間と手間がかかり、本来払わなくてもいい税金まで払うことに
  • 本来仲のよかった兄弟の関係が相続を機に壊れてしまった
  • 負債も相続すると知らずに多額の親の借金を相続してしまう

など取り返しのつかないケースになる事も非常によくあるのです。

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、 理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日10:00〜17:00)

※「記事をみた」とお伝えください。