相続放棄とは?正しい意味と知らないと後で必ず後悔する6つの注意点

相続放棄とは

「相続放棄」ってなんだろう。

この記事をご覧になった方は様々な背景で相続放棄について調べられているのだろう思います。

「相続で親の資産を得たと思っていたら、合わせて借金も引継いでしまった。」
「親の借金の督促状がいきなり送付されて、知り合いから相続放棄を勧められた。」
「親族から相続放棄をしてほしいと強く求められたが相続放棄とはそもそも何か分からない。」

これらは相続の相談ではよくあるケースです。
そこで今回は、相続専門司法書士の私が相続放棄の一から十までを分かりやすく記事にしました。
これを読めば、相続放棄について理解できること間違いなしです。
さらにこの記事では、相続放棄のメリット・デメリットや注意点をお伝えいたします。
自分自身の立場に置き換えて、相続放棄をすべきかどうかご検討いただければ幸いです。
相続放棄について学んで、相続から生じるリスクをぜひとも回避しましょう。

1章 相続放棄とは

相続放棄とは、裁判所に書面で申立てることにより、

全ての財産を相続せずに放棄することをさします。

そして、相続する財産には、プラスの財産(預貯金・不動産など)だけでなく、マイナスの財産(借金など)も含まれます。
つまり、亡くなった方が借金を背負っていた場合には、

相続放棄をしなければ借金を引継いでしまう

ということになります。

親は借金なんてしていないだろうと考えている人もいるかもしれません。
しかし、私の専門家としての経験上、借金をしている人は意外とたくさんいます。
自分には関係ないと思っている人も、明日は我が身と考えてこの記事を読んでみてください。

なお、相続放棄と似た制度で、「遺産放棄」「財産放棄」「遺産分割による(相続)放棄」と呼ばれる制度があります。
こちらは話し合いによって財産を放棄する方法ですが、マイナスの財産は放棄ができないのでご注意ください。
では、相続放棄のメリット・デメリットをお伝えします。

2章 相続放棄を行うメリット・デメリット

2-1 メリット

まず、メリットから見ていきましょう。

2-1-1 マイナスの財産を引継がないですむ

第1章でお伝えしたとおりですが、相続放棄をすれば、マイナスの財産を全て放棄することができます。
これが1番のメリットでしょう。
マイナスの財産は思ったより種類がたくさんあります。これらを全て放棄できるのは大きなメリットです。

【主なマイナスの財産の例】
1.借金
2.クレジットカードの利用代金
3.住宅ローン
4.家賃の滞納
5.税金などの公租公課
6.交通事故などの不法行為に基づく損害賠償金
7.亡くなった人の保証人としての地位

マイナスの財産があるのに相続放棄をしなかった場合は、相続をした人がその責任を負うことになります。亡くなった人にマイナスの財産がある場合は必ず相続放棄を検討しましょう。

2-1-2 相続人間の揉め事にかかわる必要がなくなる

相続放棄をすれば、他の相続人と財産の分け方について話し合う必要がありません。
なぜなら、相続放棄には「相続放棄をした人が相続から完全に外れる」という効果があるからです。
具体的には下記の図をご確認ください。
相続放棄とは

相続放棄をした人は、相続手続のうえでは赤の他人と全く同じになります。
兄弟・姉妹間で相続でもめていてかかわりたくない場合には相続放棄を検討しましょう。

2-2 デメリット

次に、相続放棄のデメリットを見ていきましょう。

2-2-1 プラスの財産を受け取ることができない

相続放棄は全ての財産を放棄する手続です。
よって、プラスの財産も含めて引き継ぐことはできなくなります。
先ほどよりマイナスの財産を放棄できるメリットをお伝えしておりましたが、プラスの財産も承継できなくなるという点についてご注意ください。

【主なプラスの財産の例】
1.現金・預貯金
2.不動産
3.株式・国債・社債・投資信託
4.自動車
5.貴金属・家具
6.他人に貸したお金
7.過払い金
8.不動産賃借権(不動産を借りて住み続ける権利)

ポイント

生命保険金に関しては、受取人の名義によって取扱いが変わります。

①相続放棄をすると生命保険金を受け取れない場合
亡くなった方自身を受取人に指定している場合、保険金は亡くなった人が受け取る財産(つまり、亡くなった人のプラスの財産)と考えられるため、相続放棄をすると受け取ることができなくなります。

②相続放棄をしても生命保険を受け取ることができる場合
具体的な個人を受取人に指定している、または、抽象的に「法定相続人」を受取人に指定している場合は、相続放棄をしても保険金を受け取ることが可能です。なぜなら、保険金はその指定されている人が保険会社から直接受け取る財産(つまり、亡くなった人の財産ではない)だからです。

2-2-2 自分以外の親戚が相続に巻き込まれて迷惑がかかる

相続放棄をすることにより、元々相続人でない人が相続人になってしまうケースがあります。
以下、その仕組みを見ていきましょう。
相続放棄におけるメリットでも説明したように、相続放棄を行った人は相続人ではないという扱いを受けることとなります。

相続の優先順位は
1 子
2 子がいなければ両親・祖父母
3 子や両親・祖父母がいなければ兄弟
と法律上定められているため、優先順位が高い相続人が相続放棄をすると、優先順位の低い相続人に相続が回っていきます。相続放棄とは

いきなり疎遠な親族の相続問題に巻き込まれ、不快に感じる人もいるでしょう。
以上が相続放棄のメリット・デメリットになります。次章では、実際に相続放棄をする場合の注意点をお伝えしますのでご確認ください。

3章 相続放棄の注意点を確認しよう

相続放棄には様々な注意点があります。
1つずつ見ていきましょう。

3-1 相続放棄の期間は3ヶ月

相続放棄は、自分が相続をしたことを知ったときから3ヶ月以内にしなければなりません(民法第915条参照)。
もしその期間内に相続放棄をしなければ、相続を認めたものと扱われ、マイナスの財産を含めた全ての財産を相続しなければならなくなります。

ポイント
3ヶ月の起算点は、「死亡したとき」ではなく、「死亡したことを知ったとき」です。
また、この3ヶ月という期間は裁判所に申立てることにより伸ばすことができる場合があります。
亡くなった人の資産調査に時間がかかる場合などは期間をのばす手続をご検討ください。
なお、死亡したことを知ってから3ヶ月以上経過しても、相続放棄ができるケースがあります。
いきなり借金の督促状が来た場合にも慌てないようにしましょう。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。
https://green-online.jp/inheritance-waiver-deadline#i-2

3-2 相続放棄は原則撤回できない

いったん相続放棄が裁判所で認められると、原則的に撤回することはできません。
「相続放棄をしたのにプラスの財産があることが分かった」
「なんとなく気が変わった」
いろいろなご事情はあるかと思いますが、基本的にはどうしようもありませんので、
相続放棄の手続をするかどうかは慎重に判断するようにしましょう。
ただし、詐欺や強迫によって相続放棄をしたという場合には相続放棄の撤回が認められます。
また、財産に関して勘違いがあった場合に撤回が認められたケースも極めてごくわずかながらあるようです。こういった場合は相当な知識が必要ですので専門家に相談するようにしましょう。

3-3 亡くなった人が残した財産に手を付けてしまうと相続放棄ができなくなる

亡くなった人が残した財産に手を付けてしまうと相続放棄が認められない場合があります。
なぜなら、相続放棄(プラスの財産・マイナスの財産とも受け取らないという手続)と
亡くなった人の財産に手を付けるという行為は矛盾するからです。
「財産に手をつけた」と評価するかどうかは最終的には裁判所の判断となります。
しかし、過去の事例がある程度参考になりますので、下記に記載します。
(あくまで個別具体的な事情により異なります。迷えば専門家に相談しましょう。)

【財産に手を付けたとされた場合】
1 高価な財産の売却・破壊・譲渡・形見としての持ち帰り
2 一般常識と比べて相当に高額な葬式・墓石の購入
3 相続人間での遺産の分け方の話し合い(遺産分割)

【財産に手を付けたとされなかった場合】
1 価値の低い財産の形見としての持ち帰り(ただし、個数が多いと財産に手を付けたとされる場合があります)
2 一般常識を考慮して相当な価格の葬式・墓石の購入
3 亡くなった人の借金の返済

3-4 相続放棄をしても保証人から外れることはできない

相続放棄をしても、亡くなった人の保証人から外れることはできません。
下記の図をご確認ください。
相続放棄とは

亡くなった人の保証人であったとしても、保証人というのはあくまで自分自身なので、相続放棄によっては逃れられないのです。

3-5 生前に相続放棄をすることはできない

相続は、死亡によって開始します(民法第882条参照)。
よって、始まってもいない相続を放棄することは認められていません。
親族がマイナスの財産を負担している場合には、亡くなった後3ヶ月以内に相続放棄をするのを忘れないようにしましょう。

3-6 一部だけの相続放棄はできない

相続放棄では、財産のうち一部だけ放棄をすることはできません。
なぜなら、相続放棄は、全ての財産を放棄する制度だからです。
よって、プラスの財産の一部だけを放棄することは認められておりません。
ましてや、マイナスの財産を放棄してプラスの財産を受け取るという都合の良いことはできませんのでご注意ください。

まとめ

以上が相続放棄についての解説になります。
この記事を元に、ご自身が遭遇している相続の問題を解決していただければ幸いです。
また、相続問題を解決する方法は相続放棄だけではありません。
相続人間の問題であれば、遺産分割・相続分の譲渡など
借金の問題であれば、破産・民事再生・限定承認など様々な手段があげられます。
少しでも気になる点があれば、最近は無料相談を行っている専門家も多数います。
一度司法書士や弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

【簡単】記載例を見ながらできる相続放棄申述書の書き方と提出方法

相続に関して以下の様なお悩みを抱えてはいませんか?

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない…
  • 家や土地、預貯金などの名義変更が必要だけど書類集め・手続きなど大変…
  • 遺言書を作成しようと思っているが、専門家の意見を聞いておきたい…
  • 認知症対策や生前対策したいけど、成年後見、家族信託、生前贈与どれがいいんだろう…
  • 故人に借金が見つかったので、相続放棄の手続きを専門家に任せたい…

相続に関する問題は法律に沿って丁寧かつスピーディーに対処しないと

  • 余計な時間と手間がかかり、本来払わなくてもいい税金まで払うことに
  • 本来仲のよかった兄弟の関係が相続を機に壊れてしまった
  • 負債も相続すると知らずに多額の親の借金を相続してしまう

など取り返しのつかないケースになる事も非常によくあるのです。

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、 理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

お電話または下記よりお問い合わせいただければ、無料で直接ご相談をいただけます。 相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

  • 相続手続きといっても何から始めればいいのかわからない
  • しっかりとした遺言書を作成したい
  • 認知症生前対策をしておきたいけどよくわからない

グリーン司法書士では相続に関する悩みや疑問をしっかりとお聞きし、理想の相続実現をサポートします。

グリーン司法書士の強み

  • 1,過去5年間の相続相談実績は約5000件!日本有数の実績で安心して任せられる。
  • 2,サポート内容の広さと相談窓口の一元化を実現!独自のネットワークでどこよりも早い迅速対応!
  • 3, 蓄積されたノウハウを元に相談者一人一人にあった提案が可能!

相続に関して少しでも不安や疑問があればお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00-20:00(土日10:00〜17:00)

※「記事をみた」とお伝えください。